スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

深夜勤務

スティーヴン・キング、深夜勤務を読む。
キングさんの第一短篇集の分冊前編。

全体的にホラーな雰囲気の中で、「戦場」のとんでもアクションな感じは結構好きです。
映画の「スモール・ソルジャーズ」を思い出すな。

その他にも「人間圧搾機」、「やつらはときどき帰ってくる」なんかは良かった。
スポンサーサイト

読書

スティーヴン・キングの「骨の袋」を読み中。
デリー物というだけあって、ITのビル・デンブロウの名前が出てきたり、不眠症のラルフ・ロバーツが登場したり、ニヤニヤさせてくれる。
しかし、この本厚いなぁ。
上巻だけで600ページオーバーとか・・・。

ついでにスティーヴン・キングの不眠症は最近文庫化されてたりする。
こちらも上下巻合わせて1200ページオーバーという、あつーい文庫本になっているらしい。
前半が少し冗長な感じもしたけど、後半はなかなか面白かった。

雑記

ダークタワーの映像化が頓挫したらしい。
そもそも規模だけで言えばロードオブザリング以上っていう無茶苦茶な計画だったから、まぁ予想通りですわな。

そういえば、ITの映画化は全然続報を聞かないけど、どうなったんだろう。
近頃、改めて小説を読み直してるけど、どう考えてもこの長さは映画向きじゃねえよなぁ。
原作としての体を維持しながら、改変・省略するのにも、限度ってものがあるだろうに。

個人的にはドラマとかで、じっくりやって欲しいんだがなぁ。

読書

「ブラック・ハウス」を読み終える。
かなり面白かった。

「ダークタワー」と密接に関係してるらしいが、知らなくても読める程度。
「アトランティスのこころ」のテッドの名前がチラッと出てきて、少し嬉しかった。

ラストの展開が色々と酷い事になってるが、個人的には嫌いじゃない。
色々と含みを持たせた終わり方だけど、続編はあるのかなぁ…。

次は「幸福の25セント硬貨」を読むつもり。
それが終わったら、いよいよ「ダークタワー」に突入。

読書

「ブラックハウス 上」を読み終わる。
ウェンデル・グリーンが見事なまでの屑過ぎて、かなりイライラした。
糞なやつを本当に嫌な感じに描けるってのは、結構すごい事なんだろうけどね。

続編だけど、前作とは基本的に別物に仕上がってるので、変な期待をしなければ面白いと思う。
盲目のヘンリーや、サンダーファイヴがいい味を出してる。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

蒼々

Author:蒼々
地方独立系SIに就職しての4年目になりました。
いつの間にか開発の人から運用の人になってしまった。
正直、自分に合っている役割とは思えず、ストレスと残業時間ばかりが増える今日この頃。


趣味は読書、ゲーム、あと名目上の趣味としてランニング。

継続的なブログ更新は恐らく再開しないとは思うが、
今、このプロフィールを更新しようと思う気になっているので、ごく稀に更新はあるかもねえ。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
アーカイブ
アクセスの多い記事
検索フォーム
ツイッター
読書メーター グラフ版
蒼々さんの読書メーター
読書メーター 最近読んだ本版
蒼々の最近読んだ本
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。