スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

IT3巻

スティーヴン・キング、ITの3巻を再々再々読。

「エディの骨折」と「もうひとつの失踪事件」の章はかなり好き。

「エディの骨折」では、はみだしクラブ分裂の大きな危機とエディの独壇場。
母親との対決の場面は、読んでてある種の爽快感。
相変わらずキングさんは「母親」に厳しいなぁとは思うけどね。
でも、エディの母ちゃんが言ってたことは、結果的に見るとそこまで間違ってなかったってのはなんとも。

「もうひとつの失踪事件」はパトリックの強烈なキャラクターとその死に様がすごい。
ヘンリー達の滑稽な遊び、ベヴァリーの(膀胱的に)ギリギリの攻防、吸血ヒルの生々しさ、ペニーワイズからのメッセージとはみだしクラブの団結・・・などなど、この章はもう何もかもがたまらない。


やっぱり何度読んでも面白い。
そのうち、デリーの地図とか、ITの時系列カレンダーとか作ってみたいな。
スポンサーサイト

IT再読完了

スティーヴン・キング「IT」の再読を終える。
読書メーターの記録によると、1年に1回は読み返しているらしい。

高校時代に読書の「楽しさ」を教えてくれた本であり、読書を習慣的に始めるきっかけとなった本。
そして、色々読んできたけど、未だに一番好きな本。

日本だと、テレビシリーズ版(後半)のあまりの出来の印象が大きすぎて、原作がなにかと不遇だと思う。
確かにITの正体は一応間違ってはいないんだけど、あそこまで単純に「IT=アレ」って感じじゃないよなぁ。
参考:去年読み終えた際の記事
さらには、ITとの対決も集団リンチのタコ殴りじゃねえから。

中途半端に原作路線なのも、それはそれで考えものです。

IT


スティーヴン・キングのITの原書が届いた。

想像はしてたが、馬鹿でかいな。
こいつ英和辞書よりでかいぞ。

安価なペーパーバックということもあり、作りはかなり安っぽい。
まぁ、日本の文庫が高すぎ&丈夫すぎな気もするが。

とりあえず、エイドリアンメロンが出てきた辺りまで読んだ。
自分の英語力の無さも相まって、かなり難しく感じる。
特に固有名詞がなかなか厄介。

まぁ、翻訳は何度も読んだから、辞書引かなくてもぼんやりと意味が解るのがチラホラって感じ。

ここから、翻訳版初読みの時も苦労した「メロン事件→ユリス夫人」の流れだから、気合い入れないと。
ここら辺を過ぎれば、後は読めば読むほど面白くなってくるんだけどなぁ。

IT読み終える

スティーヴン・キングの「IT」を読み終えた。
4読目らしい。
以下、多少ネタバレ。特に空白反転の部分。


ITの正体については、賛否両論ある。

でも、
「われわれの頭脳が~描きうる極限」(P292)
って書いてるからあの姿が真のITって訳ではないんだな。

キングの苦手なものが蜘蛛という事実を考えれば、この展開は分からないでも無い。

ある意味では、TVシリーズ版はそのまんま映像化しちゃったから、あんなになんとも言えない感じになっちゃったのかね。
多分映画版では、脚本を変えてくるんだろう。

最後の間奏~悪魔を負かすⅡの流れが、なんか好き。
なんとも言えない寂寥感は、この長大な物語だからこそ。


さて、次は「姑獲鳥の夏」を読もうと思う。
前に読んだのがノベルズ版だったから、文庫版は初めて。

「鉄鼠の檻」も並行して読んでるので、なんか変な感じだな。

IT

一番な本S・キングの「IT」をまた読み始める。
過去のブログの記載によると、なんと4度目らしい。
つまり再々々読ですな。

何度も読んで慣れたけど、最初の方が少しとっつき難い。
血文字の「IT」がでてくる辺りから面白くなってきて、第2部からは死ぬほど面白くなるから、とりあえずそこ辺りまでは読んでみるべき。


そういえば映画化するとか言ってたけど、続報が全く無いな。
公開したら、地雷でもいいから見に行くのに。
カレンダー
07 | 2017/03 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

Author:蒼々
地方独立系SIに就職しての4年目になりました。
いつの間にか開発の人から運用の人になってしまった。
正直、自分に合っている役割とは思えず、ストレスと残業時間ばかりが増える今日この頃。


趣味は読書、ゲーム、あと名目上の趣味としてランニング。

継続的なブログ更新は恐らく再開しないとは思うが、
今、このプロフィールを更新しようと思う気になっているので、ごく稀に更新はあるかもねえ。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
アーカイブ
アクセスの多い記事
検索フォーム
ツイッター
読書メーター グラフ版
蒼々さんの読書メーター
読書メーター 最近読んだ本版
蒼々の最近読んだ本
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。