スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

灼眼のシャナ、読み終える

長かった・・・。

良くも悪くも、終盤(16巻~)が意外な展開過ぎてなんともかんとも。
本当に緩急とか考えずに戦い描写が延々と続くので、それまでの「アクション時々ラブコメ」が好きだった身としてはちょっとキツイものがある。

21巻、22巻はそれまでの終盤と比べると良かった。
戦のごちゃごちゃ解消されたり、伏線がうまく解消されてたり。

ただなぁ・・・、なんかしっくりこないというか、22巻まで引っ張られた割りには・・・って感じはした。
終盤をほとんどフレイムヘイズと徒の戦いにさいた割りには、そこら辺の決着がかなり微妙だったり。
最後のシャナと悠二のシーンも「え?引っ張るだけ引っ張ってこれだけ?」って正直思ってしまった。
スポンサーサイト

シャナ

灼眼のシャナを17巻まで再読、その後18、19巻を読み終える。
最終巻が発売されると知って再読を始めたはずが、未だに最後まで読み終わらないってどうよ?

とりあえず戦が始まったあとは、評判通りちょっとグダグダ感。
一気に読んでるから良いものの、続刊を待ちに待ってコレだと低評価にしたくなる理由も分かる。
あとは未だに悠二の狙いが良くわからんのもモヤモヤする。

いよいよ残り3巻で伏線は山ほどあるけど、果たしてうまい具合にまとまるのやら。

シャナマラソン

最終巻もいよいよ発売されちゃった訳だが、まだ全体の半分にも達していないという。
まぁ、この頃のゴタゴタも一段落ついたし、スピード上げていくぞー。

んで、現在は7巻まで読む読む。
この7巻は、前半のストーリーの大きな節目。
シャナコンビとマージョリー一味の邂逅だったり、吉田さん本格参戦だったり。

さらには、アニメ版のオリジナル展開への分岐点でもある。
つまり6巻までは、展開がアニメ1期と被るから多少げんなりだったけど、それ以降は本当に3年ぶりの部分。
モチベーション上がるねえ。

シャナ22巻届く

bk1のメール便の癖に、発売日に届きやがった。
予約開始直後に注文したお陰だろうか。

でも、復習の全巻読み返しが遅々として進まんから読めん。
今週は水曜まで忙しいし。
ネタバレを踏まずに、読み切ることができるのだろうか。

シャナマラソン

来月の最終巻に向けて、灼眼のシャナを読み返そうというという趣旨。
読書メーターの記録によると、約3年前の17巻を読んだ以来の原作シャナらしい。

という訳で、1巻を読む。
作者自身が「痛快娯楽アクション小説」というだけあって、まぁそこそこ面白い。
ライトノベルという事で、描写が「こまけぇことはいいんだよ」状態になっている気もしたが。
まぁ、そこらへんはのいぢさんの挿絵で補完。

アニメの印象が残ってたので、所々違和感。
佐藤田中って、こんなフレンドリーだっけか…。

シャナの心理描写とかは、やっぱり原作のほうが好き。
アニメは、全体的に幼いというかなんというか。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

蒼々

Author:蒼々
地方独立系SIに就職しての4年目になりました。
いつの間にか開発の人から運用の人になってしまった。
正直、自分に合っている役割とは思えず、ストレスと残業時間ばかりが増える今日この頃。


趣味は読書、ゲーム、あと名目上の趣味としてランニング。

継続的なブログ更新は恐らく再開しないとは思うが、
今、このプロフィールを更新しようと思う気になっているので、ごく稀に更新はあるかもねえ。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
アーカイブ
アクセスの多い記事
検索フォーム
ツイッター
読書メーター グラフ版
蒼々さんの読書メーター
読書メーター 最近読んだ本版
蒼々の最近読んだ本
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。