スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

成績開示とかブックオフとかyu-noとか

今日は成績の開示をするために、久々に大学へ。
なんと2時間も待たされたから、並びながら狂骨の夢を読んでた。
なかなか面白くなってきた所で、やっと順番が回ってきた。

成績自体は、思ってたより悪くなかった。
物理と廃棄物は「不可」も覚悟してたけど、何故か「良」だったし。
なにげに「可」がひとつも無かったのが嬉しかったり。

その後色々とあって、時間をつぶすためにブックオフへ。
なんか1時間くらいうらうらしてたら、店員さんが50円クーポンをくれた。ラッキー。
そんなわけで、「ドミノ」と「星降り館の殺人」を買った。
もちろん、どちらも105円。

んで、今メールを確認したら、注文してたyu-noが発送されてた。
届け日を今週の土曜日に指定してたけど、どうせ暇らしいからもっと早くを指定しとけば良かったかも。
スポンサーサイト

という訳で

今日は、大学の成績開示なんだ。
死にてえ。

se・きらら レビューっぽいもの

全クリしたが、これは…うーむ。

以下、前回までのまとめ
~OP
亜矢①
亜矢②
望美
深雪



「リ・se・きらら」について
望美ルートや泉ルート以上に超展開だった。
(以下、ネタバレ反転)
始めは「あんこルート」かと思ったけど、望美が動き出してから事態はすごい方向に。
というか、望美ルートの感想で「中途半端に謎が残ってる」とは書いたけど、まさかここで引っ張ってくるとは思わなかった。

~真相までは、何か分からない気持ち悪い感じがしてワクワク。
亜矢の絵やら、深雪の歌詩やら…の演出は、ぞくぞくして上手かったと思う。

しかし、あの真相はどうなんだ。
ちょっと明後日の方向過ぎて、ついていけなかった感が。

全体の感じとしては、初めて「ループ(これ)」を読んだ時を思い出した。


という訳で総括。

一番面白かったルートは亜矢ルート。

「リ・se・きらら」は、やりたくなかったら無理してやらなくても可。
色々とイメージが崩れるかもしれない。

エロも悪くないのがそこそこあるんで、そっち目的でも可。

全クリしてから考えても、無料配布は太っ腹。

とりあえず、興味を持ったらダウンロードしてみる事をおすすめする。
もちろん18歳未満はダメですよ。

優ルート

優ルート終わったー。

他ルートとは一転、主人公がスーパー優柔不断男に。

というか選択肢の多過ぎだろう。
しかも選択ミスったら優の弟とのホモエンドになるし。

まぁ、色々とあったけど最後は幸せそうで良かったんじゃない?

エロシーンは3回だけど、実質的には1回。
(多分)メインヒロインな筈なのに、この扱いはなんなんだ。


という訳で、全ルート終了したわけだが。
なんかタイトルに「リ・se・きらら」という項目が追加されてるぞ。
総括ルート?
とりあえず、失望しない程度に期待しておくか。

泉ルート

泉ルート終了。
好物そうなキャラから攻略していったから、ここら辺からテンションがやや落ち。

ふたを開けてみれば、なんという超展開。
望美ルートの比じゃなくぶっ飛んでます。

まさかの触手登場、そして巫女さんだったり、猫が喋ったり。
ちなみに触手が登場するといってもエロシーンには全く関係ないというw
存在意味がねええええええ。

あと、「~にゃん」はちょっと…ねえ。

あと特筆することと言えば、優のヤンデレ(?)が見られます。

エロシーンは3回。
最後の2回は取って付けた感がぷんぷんしたりしなかったり。
それなら、是非とも触手をもっと有効活用するべきだっただろ。

次はラストの優ルート。
他ルートでは、なんでもこなす万能キャラだったが、個別に入るとどうなることやら。

引き続き、図書館から借りてきた「」という本を読み終える。

とりあえず物凄く読みやすかった。

ジャンルは強いて言えばホラー短編集。
表紙の充血目玉がイカス一冊。

・クラスメイト
犯人が少し意外で見事に気が狂っとる。
自分は携帯を余り使わない人種だから、犯人の言い分はよく分かんね。
携帯中毒とか言われてる人に読ませて、是非感想を聞きたい。
・穴
なんか好き。
色々と設定がぶっ飛んでるけど、冷静な主人公が素敵。
殺人鬼さんの正体はかなり意外だった。
最後の部分でオイオイオイとなりながらも謎の感動に包まれた。
・全裸部屋
ある日起きたら白い部屋に居て、その部屋が段々に縮んでいくという理不尽ストーリー。実は全裸は余り関係無かったりする。
いや、まぁ全裸なんだけどね。
段々と縮む部屋と、それに対する主人公の思想の描写がなかなか面白い。


三編とも、今までに無い内容で斬新だった。
確か「!2」も出てた気がするから、図書館に入ったら読んでみようかと思う。

次は、またまた図書館で借りてきた「狂骨の夢(文庫版)」を読むかね。

神無き月十番目の夜

図書館で借りた「神無き月十番目の夜」を読み終える。

戦国末期に実際に起きたという一揆、そして村の滅亡の物語。
このような事件が起きた事を知らなかったので歴史的にも興味深かったが、普通に読み物としても面白く読むことができた。

吉弥も辰蔵も形は違うにしても村のためと思った行動がこの結果を引き起こした訳で、この辺は悲劇としか言いようが無いっすなぁ。

深雪ルート

「se・きらら」の深雪ルート終了。

まぁ、他ルートプレイしてればあの人の正体はバレバレだった。
ギャップを楽しんでニヤニヤするルート。
あと、挿入曲があったり、なにかと優遇されてる子。

しかし、なんというか…。
個人的な趣味の問題かもしれんが、ビジュアル面が微妙だった。
変装時に顔のパーツがおかしい表情があったり。
あと、一部CGの質が…。

挿入歌は良くも悪くも赤裸々。

エロシーンは5回あるらしいが、4回しか見れなかった。
なんか条件でもあるのか、他ルートからなのか。


あと、このゲーム全体の問題として、個別ルートに入ったらほぼ一本道なのが少し気になった。
まぁ、楽だからサクっとやる分にはありがたいんだが。

諸々と

「se・キララ」は相変わらず暇な時に、ちょくちょく進めてる。
あまりのエロゲ展開っぷりに、なんか現実が嫌になってくるぜ!

あと、昔からやりたいと思ってたゲーム「yu-no」の中古を注文した。
もともと買おうと考えてたサイトがいきなり値上げしやがったから、結局「スーパーポテト」ってサイトで買った。
まぁ、在庫確認が済んでないからまだ気は抜けないんだが。

あと、ノートパソコンを使ってて思った事。
今まではネットの情報を真に受けるて出来るだけ動かさないようにしてた。
でもよく考えれば、わざわざ料金払って延長保証してるんだから、あまり気にしなくていいよな。
2年目でも4割保証だし。
3年経ったら、流石に新しいの買うし。
まぁ、凄くどうでもいい話。

望美ルート終わり

望美のキャラ自体は嫌いじゃない。
あと、前ルートではほとんど出番の無かった深雪さんがなかなかいい味を出してる。
それとなんというか、エロかった。

しかし、なかなかの超展開だった。
超展開なのは構わないが、中途半端に謎が残ってるのがなんとも。
まだ他ルートが残ってるから何とも言えないけど、しっかり締めるところは締めて欲しかった気もする。

あと、望美のキャラが合わない人には合わないかも。

エロシーンは5回で、なかなか濃かった。

次は深雪ルートでも狙いましょうかね。

亜矢ルート終了

亜矢ルートを無事終えた。

感じとしては、ラブコメ的な要素が強く、そこそこ面白い。
亜矢の両親の存在感がすごい。
終盤は、ベタだけど上手くまとめたなーって感じ。

多少ご都合主義的だったり、主人公が無駄にモテるのはご愛嬌。

あと意外とCGの数も多い。
亜矢ルートだけで差分含めず25枚。

エロシーンは全部で6回。
おまけの回想を見る限り、全ルートの中で一番多いようで。
質もなかなかいいと思った。
あまり比較対象が無いから参考にならんが。

次は望美ルート狙い。
どう考えてもロリである。

亜矢ルートに入ったようで

なんか、ものすごい勢いでカウンタが回ってる思ったら、某ブログから「se・きらら」についての感想についてリンクが貼られてた。
訪問者が、前日比の7倍とかwww

という訳で「se・きらら」

絵的には、慣れてくれば全く問題無いかと。
エロシーンも見たが中々、悪くはないと思う。

妙にエロいおっぱいの保険の先生がでてきたり、シュールなロリがでてきたり、なかなか面白い。

そんな中でパッと見で気に入ったキャラが亜矢。
金髪、お嬢様、いいんちょ…と、まぁエロゲによくいるキャラなのかもしれんが、なんか良い。
「しぇいむ☆おん」でも同じようなキャラを気に入った気がしたから、なにかしらのフェチなのかね。

とりあえず亜矢狙いの選択肢を選んでたら、多分個別ルートに突入したっぽい。
共通ルート(?)は2時間くらいか。

まぁ、全体的に展開が当にエロゲって感じだけど、変にリアルティを求めなければ大丈夫かと。
このクオリティで無料はやべえ。

今更ながら気づいたこと

いままで、Keyのゲームをフルスクリーンでやると、解像度の関係で粗が目立って、毎回萎えてた。
でも設定の中のdirectX 3Dの効果を有効にすると、修正されてかなり見た目がよくなる事を今更ながら発見した。

特にairとかkanonがフルスクリーンで普通に違和感無く見れることには驚いた。

directX9以上が必要らしいから、メモリアルエディションから付いた機能なのだろうか。

何故か無料の××ゲー「se・きらら」をダウンロードしてみた

もともとはフルプライスで発売予定だったのが、よく解らんが無料になったらしい。

http://www.se-kirara.jp/index2.html
ダウンロードするには、上の公式HPの「無料ダウンロード」から。
18歳未満はダメゼッタイ。

ただし、ニコニコ動画のアカウントが必要で、変なチャンネルに登録しなくちゃならん。
まぁ、無料だが。
とりあえず、久しぶりにニコニコ動画のアカウントが役に立った。

1.4GBで、うちのヘボ回線で40分。
一回も切断しなかったのが、なんとまぁ奇跡的。


とりあえず~OPまでやった。
ヒロインボイス付き、主人公は無し。
絵は少し独特な気もするが、ほとんど気にならないレベル。
というか、無料なのにOPはアニメーションですか、そうですか。


まぁ、暇を見つけて進めていこうかね。

Music Online Shopping

CDとかを注文して生協受け取りにすると15%オフだった「Music Online Shopping」
いつの間にか我が大学での取り扱いが終了してた。
死にたい。

本やタウンは10%オフだからなぁ…。
我慢して本やタウン使うか、アマゾンで最安値を狙うしか無いのか。

読書

図書館で借りてきた「村上龍映画小説集」を読み終える。
映画に関連した短編集。

麻薬とセックスに溺れていく主人公が云々という話だが
まぁ、残念ながら自分にはあまり関係なさそうな話である。

69、限りなく透明に近いブルーと関連があるとか無いとかという話なので、そちらも読んでみたくなった。

そういえば、「五分後の世界」を50ページくらい読んで積んでたな。

魍魎の匣読み終える

大体4日かけて読んだ。
面白かった。

内容とは別に感心したこと。
ウィキペディア「京極夏彦」より
作品の見せ方についても、一つの文がページをまたがることのないように、ページ・見開きの末文で改行するよう構成する(文庫化などで字数が変わるとそれに合わせて適宜改行位置を操作する)など、独特のルールを遵守している。


文庫版を読んだんだが、本当にページ跨ぎが無いんだな。
驚いた。
姑獲鳥の夏で読んだときは気付かなかったなぁ。

というかノベルズから文庫への移植が大変そうだ。

読書

結構まえから読んでたペットセマタリーも読み終わったことだし、いよいよ「魍魎の匣」でも読み始めるかな。

なんとまあ、この本。1000ページ越えですよ。
完本妖星伝以来か、こんなに部厚い本は。

無題

麻雀のルールをほとんど知らないのに、麻雀がしたくなった。

ネットで本当に最低限の知識を詰め込んだ後、脱衣麻雀ゲームをやってみた。

そしたら、いつの間にか4時なってた。
しかも、ゲーム的に最後まで行けなかった。

明日もう少し勉強してリベンジするか。寝る

無題

小説にしても、ゲームにしても、展開を追うのに必死すぎて駆け足になる癖があるようで。

少し意識して気を付けようと思った。

寝る。

夕闇通り探検隊、終わり

少し頑張って、今日中にクリアできた。


確かに名作と言われる所以が分かった気がする。

面白かった。
だが、うーむ、なんとも感想が言葉には言い表せない感じだ。

夕闇通り探検隊プレイ中

6月終了までやった。

「公園の三つ子」はなかなか怖かった。
さらに攻略サイトの方法が、結構シビアで3回くらいやり直さなきゃならなかった事に困った。
というか、あの方法でカスカに会うって無理な気がするが、できると書いてるのでできるのだろう。
霊障-10はうまいけれど、できるだけお参りしときゃどうにかなるだろう。

その後は「坂上地蔵の噂」でニヤニヤしてた。

angel beats!、PVその8とか キービジュアルその3とか

http://www.angelbeats.jp/
アニメーション、気合入ってるね。
特に戦闘シーンとか、頑張りすぎだろう。

あと、今回初めて声が付いた。
最初聞いたとき、ゆりがハルヒっぽいなぁ…と思ったけど、2回目聞いたらそうでもなかった。

主題歌も多分、初披露か。
まぁ、最低でもOPサイズで聞かないとなんとも言えないが、いい曲の予感。

あと、キービジュアル第3弾のユイがかわええええええええ。
なんかクドっぽい。八重歯繋がりで。

読書

綾辻行人のAnotherを読み終えた。

久しぶりに気持ちよく読み終えて、気持ちよく騙された。
まさかあの人とは…。
それにしても、伏線がすごく気合入ってたなぁ。

その後、夢野久作の短編集「死後の恋」を読み始める。
かなり昔の作品だけあって少々読みにくいが、なかなかおもしろい。
今のところ、「キチガイ地獄」と「オンチ」が特に面白かった。

戦前にこんな物語を書ける人が日本にいたと思うと、なんか凄い。

無題

Anotherおもしろー。
今日だけで、半分近く読んだ。

やっぱり、日本小説は読み易くていいね。
海外小説も面白いんだが、なんか読みにくいんだよねえ。

図書館行ったぜ

久しぶりに図書館へ行く。

借りた本は、
Another 綾辻行人
黒猫館の殺人 綾辻行人
厭な小説 京極夏彦
死語の恋 夢野久作

「死語の恋」は、今進めてるゲーム「夕闇通り探検隊」の影響。
その中の「死の言葉の噂」にあった夢野久作の「ドグラ・マグラ」が出てきて、地味に読みたくなった。
でも、その本が無かったから、まぁとりあえず夢野久作の短編集でも読んでみるかという事で。

まぁ、実は青空文庫で読もうと思えば読めたりするんだけど、やっぱり紙媒体が好きというか落ち着くというか。

Anotherは、館シリーズの綾辻行人さんの最新作(だと思った)。
去年の後半に発売したばかりで、館シリーズも好きなので借りてみた。
そしたら、同時に読み進めてた「ペットセマタリー」が物語中に出てきて驚いた。
他にも「呪われた町」とか、多分「ミザリー」が出てきてるあたり、綾辻さんもキングファンだったりして。

夕闇通り探検隊プレイ中

15日くらいまで進めて、ジェリー&クッキーの好感度イベントが進展していない事に気づく。
これ複数回話しかけないといけないのね…。
2回目から反応が一切変わらない事に気づくべきだった。

まぁ、まだまだ序盤に気づけただけ良かったということで、一から再プレイ。
のんびりやって、とりあえず6月に入るまで終わった。

「階段」の話は少しビビった。
特にパノラマの場面。
もし俺なら、あの頭を見たら驚いて階段から落ちるレベル。

「とかげの腕」はサンゴが大活躍。
ここまでの話で一番好きかもしれない。
というか、10年以上前のゲームなのに、明らかに中二病発症してるやつがいるのがワロタw


なんか、だんだんに面白くなってきたぞ。

夕闇通り探検隊をやり始める

3年前にブックオフで、3000円位で購入。
購入理由は初代PSの面白いゲームをまとめたwikiにて名前は知ってて、なんとなく裏を見て面白そうだなと思ったから。

その後、そのゲームを進めようとはしたが、独特のシステムと高い難易度のため、放置気味に。

その後、ネットの某所にて多分ネタバレを食らい、やる気が消失。
いつしか引き出しの中に忘れ去られていった。

んで、その夕闇通り探検隊が地味にプレミア化してると知ったのはつい先日。

という訳で、せっかくソフトがあるのにプレイしないのは申し訳ないので、今度こそクリアを目指そうかと。

ただし、このゲーム。
本当に難易度が高い。
さらに操作性もお世辞には良いとは言えないんですよね。

流石にこのゲームで周回プレイを重ねる体力は残ってない。
なので、今回は攻略サイトに頼ることに。

今日は~5月15日くらいまでやった。
雰囲気はやっぱり凄く良いなぁ。
前にやったときは気付かなかったけど、クルミに対する皆のリアクションとか、結構生々しいな。

アパートのカビカビ死体の噂では、結末をすっかり忘れてて、盛大に吹いたw

angel beats!、放送局決定

CBC・TBS・MBS・TUT・RKB・BS11 らしい。

BS-TBSじゃなくて、BS11だったか。
まぁ、地方民でもなんとか見れるようなので安心。

しかし、放送時間の差が2週間あるってのが、少し気になる。
クラナドの時の1週間ですら、色々と不便だったしなぁ。

というか、BS11閉局するとかって噂はやっぱり嘘だったわけか。

闘神都市2、終わり

うむ、面白かった。

まず、67階。
ストーンガーディアンに初遭遇したときは、中ボスかと思った。
2回目以降は発狂しそうになった。

逃走不可であの硬さと強さは、正直無いだろう。
まぁ、烈の剣を使ったりすればある程度なんとかなったが。


その後は、そんなに詰まることもないと思いきやラスボスでまたもや詰まって、ここは攻略サイトのお世話に。
方法はわかっても、実際に倒すのに30分くらいかかった。
「魔法の奴を倒す→癒す奴のせいで、すぐに復活」ってパターンが異常に多かった。

エンディングはみんな幸せそうでよかった。
最後は、明らかにビルナスが良い所もっていったよなぁw
カレンダー
02 | 2010/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

蒼々

Author:蒼々
地方独立系SIに就職しての4年目になりました。
いつの間にか開発の人から運用の人になってしまった。
正直、自分に合っている役割とは思えず、ストレスと残業時間ばかりが増える今日この頃。


趣味は読書、ゲーム、あと名目上の趣味としてランニング。

継続的なブログ更新は恐らく再開しないとは思うが、
今、このプロフィールを更新しようと思う気になっているので、ごく稀に更新はあるかもねえ。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
アーカイブ
アクセスの多い記事
検索フォーム
ツイッター
読書メーター グラフ版
蒼々さんの読書メーター
読書メーター 最近読んだ本版
蒼々の最近読んだ本
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。