スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

mora

色々と捗らない毎日です。
ってか、5月末で最高気温15℃って寒すぎるだろ。
一応、明日から衣替えだぞ。

なんでこんなに調子悪いかと考えたとき、ぱっと浮かんだのがアニメの「あの花」
BS組なのでまだ2話しか見てないのに、精神的に侵食されまくってる気がする。
どの程度の症状かというと、時折エンディングの曲が頭の中でリフレインしまくったり色々。

という事で、敢えてその曲「secret base ~君がくれたもの~ (10 years after Ver.)」を買ってみた。
金欠のため、moraでダウンロード購入。
210円也、安いねえ。
こういう時にウォークマンだと、ファイルの形式的に楽である。
moraはセキュリティ的に不安な所もあるが、まぁ仕方ないでしょう。

もともと名曲な上に、アニメ本編補正のおかげでとても素晴らしい出来に。
現在進行形で落ちぶれてる自分には、歌詞が胸にグサグサ来ますのう。
…なんか精神安定上、すごく逆効果な気が。

なんとなく一緒に買った、電波女のOPもなかなか良い。
だが、最後好き好き連呼し過ぎだろう。
スポンサーサイト

銃刀

引き続き銃刀をプレイ中だが、色々と酷いことに。

1週目が打ち切りもやもやエンドだったので、2週目以降は攻略サイトを本格解禁した。
そしたらなんというか…、飽きた?

いや、飽きたというか、
めんどくささ >> 楽しさ
って感じになってしまって、続ける気が無くなってしまった。

ストーリーだけならまだしも、FPSパートは飽きちゃうと猛烈にめんどい。
チート級の武器が手に入れば、まだ楽なんだろうが。

まぁ、一応ちびちびと続けていくつもりではある。


追記
なんだかんだ言いながら、引き続きプレイしてEuropeエンドでクリア。
完全に「俺達の戦いはこれからだ!」である。

一応メインエンドなのだろうか。
ストーリーとしては今ひとつ何かが足りない気がする。

ランスクエスト動作確認版

やっとダウンロード完了、プレイしてみた。

スペック的にかなり不安だったけど、概ね「標準」でちゃんと動いた。

ゲームシステム的には、うーんどうだろう。
今回の短い体験版やっただけでも、3Dのおかげで少しテンポが悪い印象を受けた。

あと、メッセージのテロテロ音もちょっとマズイ。
意図は分かるんだけど、かなりあれのせいでモタモタ感が倍増。
多分、設定で無効に出来るようになるとは思うが。

最後のインターネットスコア集計は面白そうなシステム。
ってか、自作パソコン多いんだな。

今週のアニメ

日常が配信停止とか言われてビビったけど、無料配信&一定期間配信はやるらしい。
売上がそんなにピンチなのだろうか。


・デッドマンワンダーランド(5話)
飛び道具が随分不利な設定ですね。
主人公のガッツがすごい。
罰ゲームのかわいい見た目と裏腹の真っ黒さにぞくぞく。

・花咲くいろは(7話)
初期の緊張感は殆ど無くなって、完全に別物になりつつあるけど、すごく面白かった。
見てて元気が湧いてくる良い回。
それにしても変な客が来るな、この旅館は。
巴のやる事なす事が、全部逆効果で笑った。
今回の3人娘のテンション、なんか妙にハイ過ぎておかしいだろ。

・日常(8話)
京アニにしては、萌え要素を前面に出さないから珍しい。
だからといって、それほど面白いって訳でもないか。
エレベーターの話は、度を超えてシュール。
こんなもんテレビで流してもいいのかよ。

・かんなぎ(8話)
大鉄がいい奴である。
妄想のぶっ飛びっぷりが素晴らしい。
一応ギャグ調だけど、話的には真面目な部分に入ってきているのだろうか。

・そふてに(7話)
相変わらずテニスしないテニスアニメだな。
どことなくミルキィを彷彿とさせるカオスっぷり。
琴音が一番エロいだと。

・えん魔くん(6話)
近年稀に見る、恐ろしく酷いアニメである。
音楽の、謎のどんぐり押しに笑った。
ってか、えん魔の頭とシャポ爺は雪姫のどこに埋まってたのだろうか。

・アスタロッテ(6話)
明日葉が色々と凄すぎて、ロッテさんの立場が相変わらず微妙。
ストーリー自体はそこそこだけど、やっぱり雰囲気が良い。

・シャナⅡ(5話)
引き続きストーリーがグダグダで、一期と比べて作画改善しか褒められるところが無い。
全体的に、登場人物の精神年齢が下がってる感がする。
もう、ヴィルヘルさんなんて既に別人だろ。
まぁ、田中緒方カップルはニヤニヤできたけど。

・Aチャンネル(6話)
気負いしないで見れるから、色々と楽なアニメ。
挿入歌の無駄遣い。

・シュタインズゲート(8話)
1話で二人分改変となると、やっぱり駆け足気味に感じる。
時間短縮のためか、ルカの過去改変のきっかけがちょっと変化してたけど、まぁ影響は無いでしょう。
原作より時間改変の小ネタがちょっと増えてるのは良い。

・ゴシック(18話)
前回で一区切りかと思いきや、帰りの列車でもゴタゴタが。
ママさんの言ってたかたみ箱も、案外あっさり見つかっちゃうもので。
それにしても、ヴィクトリカかわいいなぁ。

・アザエルさん(8話)
そこそこ持ち直した感じで、面白かった。
世紀末化って、ネタ的に大丈夫なのだろうか。
いい意味で登場人物のやる気が無いから、物事の受け流しっぷりがなんか良い。

・へうげもの(6,7話)
色々と策略とかが進みながらも、時は進んでいくわけで。
まぁ、今回の辺りはあまり感想も出てきにくい所か。
ただ、安土盛りは流石に切れても仕方ないと思った。
毎回のとこながら、顔芸の豊富さは相変わらず。
次回辺りで本能寺?

・キスダム(8話)
これは酷い。
正義を貫こうとする人が救おうとした人から八つ当たりされるって展開はあるけど、今回は相手が悪かった。
というか、守るとかそういう問題じゃなくて、メンタル弱すぎだろう。

・ドッグデイズ(8話)
ガレット領の内部にも色々とあるようで。
ただ、どう考えても罠の匂いがぷんぷん。
ガレット兵の人相悪いねえ。

・タイガー&バニー(8話)
見切れの人がやっと前面に。
虎徹が相変わらずかっけえ。
次回はいよいよドラゴンさん?

最後のうさとらの見切り特集を見て、作りの細かさに感動した。

・アリア(4話)
なんかいきなり色々と人物背景が出てきた印象。
それにしても、設定と知っててもヒステリアモードが寒すぎる。
ストーリー的にも、コメディとシリアスで転々とし過ぎだろう。

武偵殺しの正体について。
あえてルパン四世なのなw
しかも動機がなんともかんとも微妙な。
そして、なんだ最後のあの髪。

と突込みどころが多くて、なんか違う意味で楽しくなってきたので、もう少し見てみようと思う。

・電波(4話)
私の青春ポイントは、常にマイナス記録を更新中です。
それはさておき、面白いかどうかはよく分からんですけど、実にテンポが小気味よいですなぁ。
色々と出てきたけど、エリオが圧倒的に可憐すぎる。

・C(2話)
主人公のへたれっぷりがなんともかんとも。
こうしてみると、キャラクターに関しては3Dの導入はまだ早いかなぁと思ってしまう。
マシュが結構可愛かった。

・あの花(2話)
いいよいいよー。
構成的に幼少期と現在の対比が上手くいってる。
あなるがいい娘。
ゲーム機がGBASPぽかったのに、敢えて「金」にしたってことは、案外20歳付近がターゲットなのだろうか。

めんまの正体については、相変わらず謎。
ってか、焼肉食いやがったぞ。
その時ちょうどぽっぽが目を逸らしてたから、やっぱり何かしらあるんじゃないかと疑ってしまう。

銃刀

そこそこ放置気味だった銃刀を少し進める。

前にFPSパートがうんこって言ってたけど、まぁゲームバランスは崩壊していないようなので、なんだかんだで遊べてる。
ただ、マウスの反応と敵の遠距離攻撃がやっぱりおかしい。

それにしても、攻略wiki見たがエンディング多いなぁ。
大まかなルート分け以外はエンディングが少ないものだと思っていたんだが。
嬉しいといえば嬉しいのかもしれんが、プレイ時間が長くなりそうでモチベーションが続くか不安。

雑記

今更ながら基本情報技術者の過去問をちょっとやってみたら、大変なことに。
午前試験でこの様か…。

あと1ヶ月ちょっとでどうにかなるのかねえ。
金も掛かってるわけだし、どうにかして合格しておきたいんだが。

下手すれば、Rewriteやってる暇ないなんて事になるかも…。

読書

面白い面白いと評判だった「燃えよ剣」を読み終える。

確かにかなり面白かった。
歴史に疎いから、どこまで史実でどこからフィクションなのか分からんのが少し残念。
もし、これを中学の時とかに読んでれば、歴史好きになってただろうなぁ。

これを機に、他の司馬遼太郎作品にも手を出してみようかな。

雑記

ランスクエストの動作確認版が来てたけど、現在ものすごくテンポってる。

っていうか、どうしてミラーを置かぬのだアリスソフト。

雑記

この頃、レポートが多発しすぎで大変。

具体的には、
週一提出 2個
隔週提出 1個
単発 1個

他にも色々とやる事がチラホラ。


ゲームも、近頃はGTAをちょっろっと進める位。
銃刀を進めたいんだけど、FPSパートがなかなか微妙でモチベーションが上がらない上に時間不足ときた。

早くEXTRAVAGANZAやりたいんだけどなぁ。
いやまぁ、やろうと思えばやれるけど、やっぱりこれは最後に取っておきたいじゃない。
そんな感じで、リライトをプレイする方が先になる予感がぷんぷん。

Rewrite発売1ヶ月前

時が立つのは早いもので、なんだかんだやってるうちにRewrite発売1ヶ月前。
そろそろマスターアップの時期だろうか。
いやー、楽しみですねえ。

あと、Key+Liaベストも同日発売。
なんでわざわざ発売日重ねたんだろう。
少しずらして、6月上旬にしてくれたら丁度良かったのに。

そして、個人的なことだけど、基本情報技術者試験も少しずつ近づいてきてるな。
やばい。

雑記

久しぶりにフリゲレビューを更新。
GENETOSをレビューしてみようと思ったら、昔作ったスラムガイレビューの断片が出てきたので、ついでに完成させてみた。

いやぁ、それにしてもこの頃フリーゲームやってねえなぁ。
この頃完成したというムンホイXPとかやってみたいけど、やる気と時間が無い。

【レビュー】GENETOS

WS000000_20110523223136.jpg

タイトル GENETOS
ジャンル 進化するシューティングゲーム
ダウンロード GENETOS 公式ホームページ

進化するシューティング「GENETOS」のレビュー。

WS000006.jpg
WS000004_20110523223127.jpg

・進化システムについて
ステージが進んで行くごとに、段々と新しい時代のシューティングゲームに進化していく。
この仕掛けは、滅多にシューティングをしない自分にとっても純粋に楽しい。

勿論機体も進化して、行動範囲が広がったり、武器が進化したりする。

また、ある条件を満たすことによって、武器の進化が分岐する。
全15種類の武器の組み合わせによって、様々な形のゲームプレイが楽しめる。
っていうか、ボムとチャージ系の右端は、バランスブレイカーだよなぁ。

WS000008.jpg
進化条件は、隣接部分を解禁しているとヒントが表示されるので、是非とも自力で集めてみて欲しい。

・難易度
かなり簡単らしいけど、シューティング慣れていない自分にとっては丁度良い感じ。
難易度選択もあるので、腕に自身のある人も遊べるかと。

・ステージ5について
とにかく演出がすごい。
あと音楽、特にラスボスとEDの音楽が素晴らしい。

商業はともかく、フリーでここまでの完成度を誇るものも無いじゃないかと思っちゃうレベル。
ステージ5をプレイした感動で、レビューを決意した。

・総評とか
「進化」というテーマを提示しつつ、純粋に楽しさを追求した作品。
そして何がすごいって、このゲームを一人で作ったって事に驚きを隠しきれない。

アイデアも斬新だし、ゲーム自体も面白い、さらに演出・音楽まで素晴らしいとは…。
本当に、ただただ感服するばかり。

※このゲームや、ここで使用している画像は作者様に著作権があります。

theme : フリーゲーム
genre : ゲーム

【レビュー】時代の底辺脱出戦記 スラムガイ

WS000000_20101213201300.jpg

タイトル 時代の底辺脱出戦記 スラムガイ
ジャンル ドン底人生体験シミュレーション
ダウンロード スラムガイ公式HP
備考 バグが多いので、公式HPを精読推奨
    下ネタ、不謹慎ネタなどが苦手な人は注意

重度の二次元オタの主人公。
ある日、父親が愛人に騙されて1億円の借金を作っていたことが発覚。
果たして高校3年間で借金を返済することができるのか?

簡単に言うと
「借金返済どん底シュミュレーション+下ネタ+ブタゴリラ+燃え+スパイス程度の萌え」
って感じのゲーム。

下ネタやブラックネタののオンパレードなので、そういうのを笑って許せない人はスルー推奨。
とりあえず、こんなゲームをコンパクに送った作者すげー、尊敬する。

WS000003_20101213201616.jpg
WS000001_20101213203950.jpg
WS000002_20101213201624.jpg


はっきり言って一般的に見ると、かなりアレなゲーム。
とにかく人を選ぶとは思うが、こういうのを好きな人はかなりハマるのではないか。
ただのバカゲーっぽいけど、意外とゲームとしてもしっかり遊べる。

・ストーリーについて
主人公自体がかなりひねくれてる上に、あらゆる所がギリギリなので、少し遊んで合わない人は諦めた方が良い。
でも、そのファーストインプレッションさえ乗り越えれば、骨子自体はしっかり作られてるので結構楽しめると思う。
青汁デュエルとか、最初は馬鹿みたいとか思うかもしれないけど、ラストバトルは糞熱い。

ただ、美少女ゲーとかではないんで、ヒロインとのエンディングには期待しないほうがいい。
本編中では、それなりに仲良くなれるんだけどね。

・キャラクターについて
主要キャラもモブキャラもみんな凄く濃い
公式HPのキャラ紹介を見ていただけると、その片鱗を感じていただけるのではないだろうか。

蔵人とダンは変態だけどいい奴ら。
好感度が上がると、なんだかんだで助けてくれるしね。

ヒロイン陣は、意外と魅力的な娘が揃ってる…、一人を除いては。
いや、あいつをヒロインに数えていいのだろうか。

まぁ、どんな子かというと、主人公の誕生日にほぼ全裸の格好で押しかけてきたり、欲求不満になったら勝手に主人公の部屋に侵入して××したり
ある意味、このゲームの顔とも言うべき方ですよね…。
詳しくはゲーム中にて、嫌でも遭遇することでしょうからお楽しみに。

・システム
システムは、使用ツールのおかげで勝手がかなり悪い。
そのおかげで、周回のやる気が削がれる。
環境によっては、エラーが出て強制終了も起こるとか。
もし、他の安定した環境に移植してくれるなら、1000円は出すのになぁ。

・総評とか
なかなか薄いレビューだけど、ゲーム本編は本当に濃い。
まさにフリゲだからこそ誕生し得た名作(迷作?)。

実を言うと、まだキリノのルートしかクリアしてないんだよな。
ってか、それ以外のルートは単純にやるだけでは少し難しい。

ついでに、有料のシェアウェア版も売ってます。
そして、何故か買っちゃってる自分。
まぁ、それほど自分の中で気に入る何かがあったのでしょう。

最後に起動方法を少し説明。
・画面の色は16ビットに
・vista以降は互換モードをXPSP3にして実行すると良いかも

※このゲームや、ここで使用している画像は作者様に著作権があります。

theme : フリーゲーム
genre : ゲーム

gtasa

久しぶりのGTASA。
飽きたって訳じゃなくて、かなり深刻なレベルで詰まってた。
ええ、ZEROのミッション「Supply Lines」ですね。

とにかく、ラジコン飛行機の操作がむずい。
さらに、マシンガンが当たらない。
やってる最中、CJが直接殺れよと何度思ったことか。

しばらくやって、こりゃ無理くせえと思った。
そんなこんなで暫し休止。

そして今日、久しぶりにやってみたらなんとか出来た。
大体、これだけで累計2,3時間かかった気がする。
それくらい時間をかけたら、それなりに操縦は上手くなってたけど、それでも運が良くてギリギリって感じ。

読書

「ガダラの豚」を読み終える。

第2章でのあの展開は読めた。
ここら辺の要素は、物語の定番ちゃ定番ですよね。

第3章では、人が死にすぎって感じはあった。
サブリミナルの件は、流石にフィクション感が溢れる展開。

終盤までバキリ無双で、どうやって収集つけるんだろうと思ってたら、なんともかんとも。
まぁ、意外な展開って言えば確かにそうなんだけど、それからの展開があっさり過ぎる。

とまぁ3章は突込みどころが多かった気もしたけど、全体として見れば面白かったです。

今週のアニメ

今期アニメは本当によりどりみどりっすなぁ。
今週から始まった新ノイタミナ枠(特にあの花)なんて、ドストライクだ。
無料で利用出来る娯楽と考えれば、これほど良いものは無いね。


・花咲くいろは(6話)
また分かりやすい昼ドラ的変人キャラが現れた。
ってか、コンサルタントのくせに旅館であの服装はねえよなぁ。
緒花、徹、民子付近がかなり不穏な気配。
旅館3人娘の可憐さがヤバイ。

・かんなぎ(7話)
ざんげちゃんとつぐみの絡みが実に良い。
あと、イッツ・ア・ソニーに糞笑った。
最後のは色々混ざりすぎてカオスでした。

・日常(7話)
最初、見るアニメ間違えたかと思った。
しかも、時間かけた割に実にくだらんオチ。
EDのアカペラバージョン、良いなぁ。

・デッドマンワンダーランド(4話)
全体的に画面が暗すぎてパソコンの光度を上げないと見えない。
クロウは面白いキャラですね。
次回、死ぬかもしれんが。
ってか、シロは全身タイツだったんだw
次々と起こる理不尽展開には慣れたから、後半どれだけ主人公が巻き返すか楽しみ。

・そふてに(6話)
切ろうかと思うたびに、地味に面白い回が来るのは何なんだ。
最初は真面目にテニスしてるかと思ったら、まあいつも通り超テニスに。
赤玉部長が適当なキャラかと思いきや、意外に味のあるキャラだった。

・えん魔くん(5話)
脳みそチュウチュウとか、後半の展開とか相変わらず酷いアニメ。
雪子ちゃんがエロ可愛い。
ってか、OPとED共にムーンライダーズ関わってるんだな。

・アスタロッテ(5話)
さて、マジで13歳でちゅうちゅうしたのか。
アニメ的な雰囲気はいいのに、このドロドロ設定ってどうよ。
内容が無いアニメもアレだけど、この設定はどうなんだろう。

前半部分では、メインヒロイン的な位置のはずなのにロッテさんが絶賛放置プレイ中で可哀想ですのう。
明日葉と母親との再開のシーンは、いい話的な流れになってるけどよく考えると色々おかしい。
その後は、前回までと同じ雰囲気でいい感じだった。

・Aチャンネル(5話)
今期の内容が無いようアニメ枠だけど、まぁ見ててつまらないって訳でもなく。
トオルの表情が時々かわいい。

・シャナⅡ(4話)
このラブコメ風展開要りますか?
プール掃除の場面なんて見るに耐えないぞ。
あと、相変わらず悠二が異常なほど鈍すぎるだろ。
まさか、反近衛同盟でシャナと吉田くっ付けるつもりじゃないだろうな。

・シュタインズゲート(7話)
映像で見ると萌郁が原作にも増して不気味っすなぁ。
世界線が変わった演出としては、ドクペ出現は上手いと思った。
あくまでも原作基準な感じだけど、これからゲームとは違う世界線に行く可能性はあるのかな。
小説版も少しまた違ってるみたいだし。

・ゴシック(17話)
面白いっちゃ面白いけど、伏線をいい加減に引っ張りすぎ感がする。
幼少期のレイプ目は演出的にどうにかならんのか。
そして、満を持してブロワ公爵登場。
手提げかばん+ヴィクトリカの着替えが水の中に…。

・アザエルさん(7話)
今回も全盛期に比べればおとなしめ。
妬き魚魔界verが意外とかわいかった。
予告的に、次回はかなり期待できそう。

・もしドラ(4話)
なんか、マネージャーばっか増えてゆくな。
上手くいきすぎて多少気持ち悪い感もあるが、教養書的フィクションだしまぁそんなもんか。

・キスダム(7話)
いきなり過去編。
なんかしらんけど、敵方にも色々と事情があるようで。
展開自体は王道的だから、安心して見てられる。

・ドッグデイズ(7話)
物語も転換部に。
姫さまかわいいのう。
あと、ガウルがいい奴。
ストーリー的には、前回ガジェット姫の事情はばらさない方が面白かったかも。

・タイガー&バニー(7話)
なんか社長の馴れ馴れしさがなんとなく怪しい。
戦闘シーンはマジでかっこいい!
ルナティックのダークで不気味な感じも良いなぁとか思ってたら、速攻正体バレして吹いた。
今のところ、ヒーローの出演に偏りがあるけど、2クールだし不安は無い。

・アリア(3話)
なんとも言葉にできない微妙な感じ。
キャラはそこまででも無いし、ストーリーも魅力的とは言い難い。
うーん、切るかなぁ。
今回は停滞ムード的な展開の話っぽいから、とりあえずもう一話見てみるかな。

・電波(3話)
ストーリー進行が遅い気がするけど、雰囲気とビジュアルがすごぶる良い。
エリオがかわいいのはヒロインだし分かるが、叔母さんがなんか無駄にかわいい。

・あの花(1話)
最初五分間での引き込み具合が凄い。
めんまがかわいいなぁ。
しかし、主人公の落ちぶれっぷりが妙にリアルでなんか笑えん。
幼少時代と現代を交えながら進んで行くなら物語はよくあるけど、雰囲気といいキャラといい大好物の予感。

しかし、幽霊とか幻覚とかって扱いされてるけど、明らかに物に触れてるのはなんなんだろう。
堂々と出してるけど、実は伏線でしたーってパターンなのだろうか。

・C(1話)
全く予備知識無しで見たけど、なかなか面白い世界観。
主人公の超常現象耐性高すぎるだろ。
なんとなくOPとEDのセンスが、東のエデンと同じ物を感じた。

読書

引き続き「ガダラの豚」を読み中。
只今、丁度真ん中辺り。

やはり1章は、起承転結の起って感じだったらしい。
聖気の会の謎解きの辺りは、結構面白かった。
ミラクルと馬飼がかっけー。

2章からも、1章のもやもやが取れて楽しく読めてる。
各々のキャラが持つ「何か」の匂わせ方が上手い。
それらの伏線が集中すると思われるクミナタトゥでは、一体何が起きるのやら。

読書

「ガダラの豚」を読み中。
この頃短編ばっかだったので、久しぶりの長編小説。

序盤(単行本~130ページ)の印象。
読みやすいけど、面白いかと聞かれればどうなんだろう。

聖気の会が、まんま自己啓発セミナー。
ずぶずぶの様子が書かれていくのはいいんだが、読んでてちょっともどかしい。

まだまだ序盤だろうから、これから面白くなりそうな気はする。

雑記

よく物事において最悪の場合を想像しちゃう事が多いんだけど、案外何とも無くて安心するってパターンが多い。

まぁ、最悪の事態なんて、大体は予期せぬ感じで襲ってくるものなんですよね。

読書

大学が始まってから読書を本格的に再開。
まぁ、やっぱり自分の中での読書の位置づけは「暇つぶし」って要素が強いのかなぁと思ったり。

この頃は、筒井康隆の短篇集を読みつつ、並行して大学で適当に借りた本を読むのがマイブーム。
大学の図書館に、やけくそのように置いてあった「野生のうたが聞こえる」を試しに読んでみたけど、結構面白かった。
やっぱりそれなりの数を置くには理由があるんだなあと。


あと、読みたいと思ってた「殺戮の地平」を一気読み。

思ってたより短く感じたのは、webで読んだからなのか、もともと短めなのか。
まぁ、退廃とか狂気とか暴力とか絶望とか希望などがごちゃまぜで面白かったです。

作者さんサイトで無料公開してるので、興味のある人はどうでしょう。

雑記

昨日からちびちびやってたレポートが完成。

でも、今日の授業でレポートが1つ増えた。
さっさとやらないと内容を忘れちゃうタイプのレポートだけど、イマイチやる気が起きない。

あと、明日は1週間で最大の鬼門の実験科目がある。
前期から班構成を替えなかったら少し楽だったのに、案の定変えてきやがった。
おかげで中途半端な知り合いと同じ班という残念なことに。
ああ、めんどくせ。

雑記

ネットワークのレポートを作成中。
今期はレポートが多そうな予感がぷんぷんしますねえ。

今週のアニメ

アニメに潰されそう。
まぁ、今週は見逃し分とか一挙放送があるから特に多い訳ですが。

来週からは、春期ノイタミナがBSで放送開始。
「あの花」はなかなか面白そうなので、すごく期待してます。


・バカテス(6話)
あまりの狙った展開+変なテンションについていけないから切りますか。
一応つまらんって訳でも無いので、今期みたいな多作っぷりじゃなかったら見てたかも。

・デッドマンワンダーランド(3話)
主人公よりも、こそ泥の人の方が何故か好感度が高くなってしまうのはなんなんだろう。
それにしても、本当に割りに合わない仕事ですよね。
そもそもシロって普通に居るけど、何者だよ。

・花咲くいろは(5話)
しょっぱなから勘違いフラグがビンビンしてたら案の定。
変態メガネの情報を真に受けるなよ…。
それにしても、緒花が真っ直ぐ過ぎて時々見ててつらい。
そしてラストで民子がいよいよデレたか。

・かんなぎ(6話)
スーパーラブコメ回で、すごく面白かった。
本当に毎回レベルが高いなぁ。
つぐみがなにかと不憫。

・そふてに(5話)
最初のピンクの妄想はマズイ域に入ってるだろ。
あとは可もなく不可もなく。
次回はテニス回?
学校も始まって負担も増えてきたので、いよいよ切る可能性が高まってきた。

・えん魔くん(4話)
相変わらず色々と濃くて酷くて面白い。
パロディが多すぎて分からねー。

・Aチャンネル(4話)
Eだと…。
相変わらず必要性がイマイチ感じられない挿入歌だな。
地味にナギが気に入ってたりする。

・日常(6話)
そこまで突き抜けた物は無かったけど、全体的に面白かった。
そういうアニメがあっても良いと思うよ。

・アスタロッテ(3話)
明日葉が妹キャラかと思ったら娘だった。
まぁ、多分義理なんでしょうが。
色々と破壊力高すぎるだろ、このアニメ。

・アスタロッテ(4話)
善良なロリアニメ。
そして終盤は、なんという展開でしょう。
ってか、直哉はマジで13歳で××したのか。

・シュタインズゲート(6話)
だいたい原作通りなので、特に言う事も無く。
ゲームの追走って意味では、十分に楽しめてる。
でも、アニメで初見の人たちってついて行けてるのかね。

・ゴシック(16話)
ヴィクトリカがかわいい。
ってか、母ちゃんまだ生きてたんだな。
いつも思うけど、次回予告がゆるゆる過ぎる。

・へうげもの(5話)
OPが変わったのは大人の事情なのだろうか。
秀吉さんがなんか壮絶。
それに比べて、さすけは…。

・へうげもの(6話)
前回も引き続き、さすけが色々とひでえ。
歴史よく知らないから、ここら辺は多少退屈に感じ無いでもない。

・シャナⅡ(3話)
最初、シャナさんは封絶と叫ぶ必要があったのだろうか。
それにしてもヘカテーとの回想シーンが、どうみてもセクロスです本当にありがとうございました。
しばらくは、ぐだぐとだラブコメ的が続くのかな。

・アザエルさん(6話)
酔っ払い佐隅さんが可愛かったけど、内容自体は薄かった気が。
それにしても、もっさんがまさかのリタイアとは。
まぁ、あまりにもあっさりなので復活しそうだが。

・キスダム(6話)
王道な感じだけど、いいよいいよー。
戦闘ものでの実質的な能力ダウンって燃える展開だよね。

・ドッグデイズ(6話)
面白い。
しっぽの動きが愛らしい。
来週辺りからは、いよいよ物語が大きく動きそうな予感。

・もしドラ(3話)
「あっ、はい」をよくやっちゃう身としては、あのタイミングは明らかにおかしい。
中学でグダグダと野球やってた身としては、この練習は面白そうだなぁ。
それにしても勇之助よ、そんな所で練習見てたらただのかまってちゃんだぞ。

・タイガー&バニー(6話)
アニメっぽくない面白さ。
バーナビーの過去ばっかりにスポットライトが当たってるけど、虎徹さんも大変な思いしてそうだよな。

・アリア(2話)
いや、その発想はおかしい展開のオンパレード。
アリアは無駄にデレデレし過ぎだし。
かと言って、ラブコメ的にみても微妙だし。

・電波女(2話)
今のところ、独特の雰囲気を味わうアニメって感じ。
エリオが容姿可憐すぎる。
ってか、相変わらず簀巻きなのな。
実に電波的な青春。

・フラクタル(10話)
ディアスがとても分かりやすい黒い人。
まぁ、ロストミレニアム運動の方法としては、スンダより現実的なのかもしれんが。

・フラクタル(11話)
フリュネに関して、こんな胸くそ悪い設定にする必要があったのだろうか。
スンダかっけー。
その後なんか色々とあったけど、結局フラクタル再起動して良かったの?
エピローグでは、フリュネがよく分からん具合にあっさり復活するし。
なんか色々と中途半端な感じ。

全体の印象としては、最初想像してた以上に世界観が小さく感じた。
その上、最後で風呂敷を畳み損ねちゃったって感じ。
うーん、かんなぎを見る限りヤマカンはやれば出来る子なので、…まぁ頑張れ。

・放浪息子(10話)
アニメとは思えないくらい重い。
保健室登校はきついっすよ。
それにしても、ちーちゃんがいい子だなぁ。
土居の持ち上げた後の突き落としっぷりは異常。
しかし、それでも土居なら何かしてくれそうと思ってしまう。

・放浪息子(11話)
様々な人間の変化が垣間見えたり見えなかったり。
そして土居はやはり出来る子だった。
特に何か凄い事が起こったって訳じゃないんだけど、見た後なんとなく余韻があった。

放浪息子は、キャラデザとかもそうだけど、テーマ的にも他のアニメと一線を画していた感じ。
見てて辛かった部分も多少あったけど、素直に見てて良かったと思える作品。

続steam版「Hearts of Iron 2」の日本語化

completeパックの内の、DD/Armageddonの日本語化っぽいものに成功。
無印日本語化はこちら

参考ページ
http://www.hayasoft.com/hiko/paradox/wiki_hoi2/index.php?DD%2FArmageddon#jb4a88df

以下、簡単なメモ。
勿論、実行する時は自己責任で
steam版の日本語化を保証する物でもないので、日本語化出来なかったと文句を言わないように。

前回も言ったけど、このゲームは未プレイなので、正常動作してるのかは不明。
とりあえず、チュートリアルとシナリオ冒頭までで強制終了などのエラーが無かった事を確認。


基本的な流れは、上記参考ページの「DoomsdayArmageddon1.3beta2日本語化 暫定002」内のreadmeと同じ感じ。

相違点は、
・それらをsteamのhoi2ファイル下の「Doomsday」ファイル内で行うこと
・「paradox JP-Patcher」のURLはhttp://tobject.web.fc2.com/
・やっぱり「paradox JP-Patcher」は正常動作しなかったので、前回と同じように、ゴリ押しした
・_INMM.dllを差し替える云々は無視、「paradox JP-Patcher」で作ったものをそのまま使用した

無題
上は、日本語化後のシナリオ選択画面。


相変わらず、なんとなーくの手順なのでもっといい方法があるかも。

steam版「Hearts of Iron 2」の日本語化

completeパックの内の、無印の日本語化っぽいものに成功。
DD/Armageddon日本語化はこちら

参考ページ
http://www14.atwiki.jp/youge_wiki/pages/43.html
http://www.hayasoft.com/hiko/paradox/wiki_hoi2/index.php?MOD%2F%C6%FC%CB%DC%B8%EC%B2%BD

これだけじゃ、かなり苦労したので、実際の手段をメモ。

日本語っぽいのが出来たよーって趣旨のメモなので、あくまで自己責任で
steam版の日本語化を保証する物でもないので、日本語化出来なかったと文句を言わないように。

どの環境でも出来るとは限らないので、バックアップは必要に応じてしておくこと。
何か起こったら、steamからダウンロードし直せばいい話なんだけど。

そもそも自分もこのゲーム初めてなので、正常動作してるのかは不明。
とりあえず、チュートリアルとシナリオ冒頭までで強制終了などのエラーが無かった事を確認。

ついでに、環境はwindows7 home 32bit。


1.パッチから実行ファイルを取ってくる
以下URLから、1.3aのパッチをダウンロード。
http://oldwww.paradoxplaza.com/hoi2_v1.3a.exe
リンク切れ、「hoi2_v1.3a.exe」で検索すれば出てくるかも。

その後、ダウンロードした「hoi2_v1.3a.exe」を実行せずに解凍する
自分は解凍ソフトのlhaplusが入ってたので右クリック→解凍で行けた。
http://www.vector.co.jp/soft/win95/util/se169348.html

その後、出てきたInstallShield由来のcabファイルを解凍するために、解凍ソフト「XacRett」をダウンロード。
http://www.kmonos.net/lib/xacrett.ja.html
使い方は、付属のテキストファイルを参照。

そして「XacRett」を使って、「data1.cab」を解凍。
解凍したファイル内の「HoI2.exe」をsteamの中のhoi2ファイルに突っ込んで上書きする。


2.1.3bのパッチを当てる
以下URLの「Hoi2-1.3b-AI-Update.rar」というリンクからダウンロード。
http://forum.paradoxplaza.com/forum/showthread.php?t=226786

その後、解凍した物をsteamの中のhoi2ファイルに突っ込んでファイル統合したり上書きしたり。


3.実行ファイルの日本語化
http://tobject.web.fc2.com/から「paradox JP-Patcher Ver.0.02a」をダウンロード。

解凍後、「paradox JP-Patcher」起動する。
出てきた説明を無視して、ドロップダウン以外の部分をダブルクリックすると、次のような画面が出てくる。
WS000001_20110514022702.jpg

赤丸の部分に、
C:\Program Files\Steam\steamapps\common\hearts of iron 2 complete pack\HoI2.exe
と入力。
(つまりはHoI2.exeの場所を指定する、環境によって違う可能性あり

その後、Analyze→ScanAll→Patch→Saveとボタンを押していく。
保存するファイル名は、HoI2_FMJ.exeで。
そのあとなんか2つ位ウィンドウが出てくるけど、「はい」にしておけばいいかと。


4.和訳ファイルを用意したり、ショートカットの設定したり
http://www.hayasoft.com/hiko/paradox/wiki_hoi2/index.php?MOD%2F%C6%FC%CB%DC%B8%EC%B2%BDの3番4番を参考にどうぞ。

(2013/12/31追記)
ただ今サーバの関係で上記URLがリンク切れを起こしている模様。
*多分*以下URLが代わりになるはず・・・
http://starlit.daynight.jp/hoi2data/?MOD%2F%C6%FC%CB%DC%B8%EC%B2%BD


5.ショートカットから実行して、日本語化されてることを確認


まぁ、こんな感じ。
無題
上は、日本語化後のチュートリアル2のスクリーンショット。

環境のせいかexeファイルのせいか知らんが、JP-Patcherはなんかまともに動かなかったけど、少しゴリ押ししたら上手くいった。
もし、普通の使い方通りでパッチが当てられたなら、それでいいかと。

それと、1.3bパッチを一応当ててるけど、必要なのかどうかは不明。

おおお!

散々、日本語化出来ないと言われていたsteam版『Hearts of Iron 2』の日本語化に成功したかも。
一部では日本語化出来ると言われてたんだけど、曖昧な情報しか無かったから半信半疑だった。
とりあえず、チュートリアル画面までは無事に進めたって感じ。

もうちょっとプレイしてみて大丈夫そうだったら、詳しい方法を説明してみようと思う。

ハルヒ

wowowで放送してた「涼宮ハルヒの消失」を鑑賞。

評判通り、面白かった。
今までの4月からの出来事の、とりあえず総括的な盛り上がりっぷりにゾクゾク。
特に、自己問答の中でキョンの姿勢が明確化されていく様子はすごく印象に残った。

あと、序盤のキョンの戸惑いっぷりとなんとも言えない雰囲気が秀逸。

そして、これが噂の消失版長門か。
なんか男として、たまらん物がありますね。

ってか、長門が「世界の終りとハードボイルドワンダーランド」読んでたな。
一応タイトルは分からんようになってたけど、あの表紙は見間違いようがない。

Tropico

steamで日本語化出来ないゲーム買わされた腹いせに、steamで「Tropico Reloaded」を買ってやった。
ざまあww

…って、あれ?
俺、搾取されてる?

ハルヒ

wowowで放送してた分の25-28話を視聴。

ここら辺は1期で見たまんまですな。
最後の「サムデイ イン ザ レイン」は、雰囲気的にかなり好きだった記憶があったが、まさかのトラブル発生。
長門の読書シーンで、画面が固まってそれきり。
一応、音声は正常に出てるのでなかなかシュールだった。

まぁ、ラスト数分だからまだ許せる。
そもそも、当時の実況板を見た限り、自分のところだけみたいだし。


さて、明日はいよいよ消失を見れそうな感じ。
今回みたいにバグってないと良いが…。

出来ない

steamで「herts of iron 2」が安かったので買ってみたら、大失敗。
steam版は、日本語化が出来ないらしい。
ガチガチのシュミュレーションだから、英語はちょっと厳しいっぽい。

ちゃんと調べてから買うんだった…。
いや、とあるwikiには出来るかもって書いてあったから、それを丸呑みしちゃった訳だが。
とりあえず、円高で良かった。

まぁ、英語をマスターすればいい訳だから、英語学習の意欲が湧く…のだろうか。
カレンダー
04 | 2011/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

蒼々

Author:蒼々
地方独立系SIに就職しての4年目になりました。
いつの間にか開発の人から運用の人になってしまった。
正直、自分に合っている役割とは思えず、ストレスと残業時間ばかりが増える今日この頃。


趣味は読書、ゲーム、あと名目上の趣味としてランニング。

継続的なブログ更新は恐らく再開しないとは思うが、
今、このプロフィールを更新しようと思う気になっているので、ごく稀に更新はあるかもねえ。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
アーカイブ
アクセスの多い記事
検索フォーム
ツイッター
読書メーター グラフ版
蒼々さんの読書メーター
読書メーター 最近読んだ本版
蒼々の最近読んだ本
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。