スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

never7が無料公開・・・あれ?

GameLinerで無料公開中のNever7。
音声は含まれてないと聞いていたが、・・・あれえ?
実際には音声は含まれてて、その代わりBGMが無いんだが。

無料公開に合わせてわざわざ音声抜いたのかと思ってたんだが、どうやら違ったらしい。
多分、元々のNever7のWindows版がCD-ROMから音楽データを読み込む事でBGMを鳴らすっていう仕組みだったのだろう。
んで、今回の無料ダウンロード版に合わせてプログラムを組み直すのも面倒だし、そのままBGM無しverで公開しちゃえって流れ?

うーん、これは酷いとしか言いようがない。
ビジュアルノベルでBGM無しは致命的だろ・・・。


ちなみにEver17は、序盤しかやってないけどBGMも音声も鳴る事は確認済み。
スポンサーサイト

GameLinerを利用してみる

GameLinerにアクセス出来るようになってたので、試しに525円のEver17を買ってみた。

うむ、ちゃんとダウンロード&インストール出来た。
あまりに簡単過ぎて、不正利用対策をちゃんとやっているのか疑うレベル。
ゲーム自体はちゃんと動いたから、まぁ細かいことは気にしないでおこう。

そういう訳でremember11と12rivenも買った訳だが、無料配布中のnever7に不満が。
どうして音声抜きなんだよ。
どうせなら、無料版(音声なし)と有料版(525円、音声あり)とかって感じに分けてくれた方が絶対いいのに。
音声版を買いたきゃ、開店セールが開けるのを待って、1575円で買えってことなのだろうか。

雑記

GameLinerが未だにアクセス不能な訳だが。
どんだけ貧弱なサーバーなんだ…。
本当に日本最大級のダウンロードサイトを目指す気があるのか。

あと、プロップで戦女神ⅡとZEROが半額。
どちらも結構評価高いから、来月の三連休に買おうかな。
溜まっているポイントと合わせて、うまい具合に5000円くらいになるし。

GameLiner

サイバーフロントがゲームダウンロードサイトを立ち上げたそうで。

Online Player EX
PCゲームのDLサイト“GameLiner(ゲームライナー)”がオープン! 期間限定で「Never7」を無料配信

http://www.onlineplayer.jp/modules/topics/article.php?storyid=23248

上のリンクの通り、インフィニティシリーズ第一作の「Never7」が無料配信中らしい。
他にも「Ever17」、「Remember11」、「12riven」がオープン特価で525円らしい。
サイトに繋がらないから、確認できないが。

インフィニティシリーズといえば、「Ever17」だけやったことあるなぁ。
あのゲームは、まぁなんというか衝撃的なゲームだったね。
ギャルゲをやり始めて間もない頃だったから、ココ編以外もそんなに退屈に感じなかったし。
うむ、この際全作揃えてみるのもいいかな。


…そういうばサイバーフロントってことは、civ4日本語版とかもダウンロード販売したりするのだろうか。
流石に洋ゲーは、steamとかと被るから無理なのかな。
まぁ、中古でデラックス版買っちゃったから関係ないんですけどね。

新型readerも発表ですって

kindleに続き、sonyのreaderも新製品。

・PRS-G1(3G,wifi付き)
25,800円(ソニーストア価格)
3G料金 ソニーストアのみ・・・年額1050円
      ソニーストア以外も・・・月額580円

・PRS-T1(wifi付き)
19,800円(ソニーストア価格)

うーむ、kindleの馬鹿安価格を見た後では高く感じる。
でも、microSD対応だったり、(kindleに比べれば)対日サポートが充実してたり、少ないけど一応日本語の書籍も買えるって言う点では、readerも日本では十分に戦えると思う。

気になるのは、wifiモデルにwebブラウザが付くかという事。
商品の特徴ページで、3Gでは簡単なブラウジングが出来ると明記されているけど、wifiの方は特に何も書かれていないんだよねえ。

新型kindleなど

kindle fire(7インチのタブレットPC)
$199

kindle touch(3G付き)
$149

kindle touch(3G無し)
$99

新kindle(3G無し)
$79

全体的に安すぎて笑った。

でも、現時点で買える新kindleは日本から買うと、広告有無の関係で$109らしい。
それでも8500円くらいなんだがな。

rewriteのファンディスク発売ですって

情報を見る限り、まだまだ企画の段階?
ロミオ、竜騎士も参加らしい。

小鳥さんとの新妻ダイアリーって聞いただけで、まぁ買うしか無いでしょう。
竜さんは、本編では正直うげーって感じだったんだが、シリアスを書かせなきゃ大丈夫?

気になるのは発売日だが、さてどうなるやら。
果たして、来年中に出るのだろうか…。


そういうえば、サントラの一般発売も決まったそうだね。
でも、今回はちょっとスルーかな。

寄生獣

bookliveで「寄生獣」を全巻購入。
各525円だけど、色々とやって余ってたポイントを使ったので、実質0円。

とりあえず、5巻まで読む。
ふむ、まとめブログとかを参考にして買ったんだが、かなり面白い。
特に、主人公の日常が本格的に変化し始める2巻後半~3巻前半の展開が素晴らしい。

個人的には、加奈がお気に入り。
スケバンなのに、妙に少女的な所が可愛かった。
(なのに、あんな形でドロップアウトなんて…、普通テレパシー持ってるって重要ポジションだろ…)
あと、ミギーもなかなかキモかわいい。


気になった電子書籍の、というか漫画まとめ買いの問題点。
10~20分でササッと次の巻に行けちゃうから、なんというか値段に対する有難みが薄い。
さらに電子書籍だから、本という確かな物体も残らんし。

っていうか、データだけなのに525円って、正直ぼっただよなぁ。
と思って調べてみたら、元データと思われる単行本が定価509円ですって(ただし9,10巻のみ530円)。
紙の漫画と比べてトントンどころか、値段が上がっていたでござる。

日本の出版社の電子書籍に対する姿勢がよく分かっちゃうねえ。

真かまいたち

とりあえず様子見のつもりだったが、小林泰三&麻野一哉が参戦ということで、ちょっと気になってきた。
小林泰三さんは小説「玩具修理者」の人、麻野一哉さんは名作サウンドノベル「街」の総監督の人だね。

この頃のチュンソフトはなかなか頑張っているから、ひどい事にはならないだろうとは思いたい。
それに2,3みたいに登場人物縛りとかが無いから、作家さんの自由にやれるだろうし。
でもやっぱり、ハードごと買うには動機が弱いかなぁ。

電子書籍メモ

現時点で調べた電子書籍についてのメモ。

自炊について
・初期投資が高い
スキャナ(2.5~3.5万)、裁断機(1~3万)、電子書籍端末(1.5万~)
→解決策:貸出という選択肢(某Dなんとかってサイト他)


端末について
長時間の使用を考えると、E-ink以外考えられない。
・今は買うな時期が悪い
 ・28日、amazonの記者会見(新型kindleくる?)。
 ・sonyのreaderは大幅値下げ中だが、海外での新型も決まっている所を見ると、国内でも新型出る?
 ・電子書籍の世界規格と言われているEPUBの新規格(EPUB3.0)が日本語の縦書き・ルビ対応らしい。

雑記

小沢秘書3人が地裁判決で有罪とか。
こりゃめでたい。

チラホラ入ってくる情報では無罪っぽいかと思ってたんだけど。
まぁどうせ最高裁まで行くんじゃないかとは思うが。

視聴予定

視聴予定をメモメモ。
視聴の可否は現時点のもの。

ニコニコの充実度が高すぎる。
その上、さらに追加タイトルもあるんだろ?
地方民にとっちゃ、有り難い限り。

・見る
(テレビ)
ラストエグザイル-銀翼のファム-
UN-GO
ギルティクラウン
けいおん!(再放送)
HUNTER×HUNTER

(ニコニコ)
WORKING!! 第2期
未来日記
侵略!?イカ娘 第2期
C3 -シーキューブ-
君と僕。
ペルソナ4
ベン・トー
ましろ色シンフォニー
真剣で私に恋しなさい!!

・見たいけど視聴できるか不明
たまゆら~hitotose~

・どうでもいい(けど、見れるのなら一応軽く覗いておくか)
境界線上のホライゾン
マケン姫っ!
僕は友達が少ない

steamで海外版ぷよぷよとか

steamのセガのメガドラ・ジェネシスゲーが75%オフだったので、ちょこちょこ購入。
多分、明日か明後日の午前2時までだと思う。

購入したのは、
・Gunstar Heroes
・Alien Soldier
・Dr. Robotnik’s Mean Bean Machine

これで2.72ドル(約210円)
一番下のゲームは、海外版ぷよぷよ。
登場キャラは見るからに洋ゲーチックなのに、ゲーム自体はまんまぷよぷよなので、なんかシュール。

少し愚痴。
ゲーム自体はサクサク動くのに、「ゲームを選択するプログラム」が物凄く重い。
スペック不足なのか、環境の問題なのか。
まぁ、うまい具合にやればなんとかなるレベルだけど。

あと、PSコンでやろうと思ったら、入力がおかしな事に。
ゲーム自体の入力をキーボードに設定して、joytokey経由でコントローラーを使ったら解決した。

今週のアニメ

先週は色々と忙しかったので、2週間分まとめて放出。

関係ないけど、久しぶりに風邪でダウン中。
震災変則日程で大学が休み期間なのが、せめてもの幸い。


・日常(24話)
まあまあ。
笹原とみおちゃんの絡みの話って、1話以来じゃね?

・日常(25話)
あれ、珍しくすごく良い。

前半のみお暴走は、無駄にテンポがよくて笑った。
後半の東雲研究所探索も、まぁなかなか。
そして、最後はすごいイイハナシダナーで終わった。
これが最終回でも良かったんじゃね?

・ロウきゅーぶ(9話)
伝家の宝刀水着回。
うほう、めんどくせえ妹。
っていうか、見た目が智花被り過ぎだろう。

・ロウきゅーぶ(10話)
なんかもう色々と適当だな。
今後の展開が目に浮かぶ様な流れ。
来週が挫折&復活回で、最終回の試合でギリギリ勝利or惜敗って感じ?

・花咲くいろは(23話)
相変わらず緒花の恋愛観は謎だけど、それ以外は大体良好。
叔母と姪の微妙な関係が良いな。
いよいよ終盤ですねえ。

・花咲くいろは(24話)
登場人物の奇行が目立つ。
あの漫画が次郎丸原作には笑った。
風呂場での婆さんのラスボス臭がすごい。

若旦那頑張るかと思いきや、最後のでやっぱり駄目だなぁと思った。
向いていないよ、やっぱり。

・アイドルマスター(7話)
安定して面白いアニメ。
伊織のツンデレ具合が良いですなぁ。
声優はよく分からんのだが、この人だけは声で分かるわ。

・アイドルマスター(8話)
特に具体的な感想は出てこないけど、予想外に普通に面白いアニメ。
いや、本当にここまで安定した物が出てくるとは思っていなかった。
あずささんが良い。

・ゆるゆり(10話)
かなり良いのでは。
みんな修学旅行でテンションが高くて可愛い。

・ゆるゆり(11話)
前回に引き続き、なんか妙にレベルが高い。
回想が実に子供的だ。
日常といい、最終回っぽい展開を1話前に持ってくるのは、なんか流行りでもあるのだろうか。

・シュタインズゲート(24話)
やっぱりシュタインズゲート面白いなぁと思いました。
アニメ化自体の出来は、良く言えば無難、悪く言えば原作の薄味版といった感じ。
まぁ、アニメが原作を超えることなんてそうそう無いからね。

そして映画化決定か。
考えられるのは、ドラマCDのストーリーか今度発売の8bitか。
ゲーム版8bitは今のところスルーの方針なので、それのアニメ化だと嬉しいなぁ。

・BLOOD-C(9話)
まどろっこしいなぁ。
もう少しサクサク行かないものなのか。
いつも犠牲者が出てから覚醒するのは、何か意味があるのかね。

・BLOOD-C(10話)
真面目に見たら負けな気がしてきた。
未だかつて、ここまで引っ張るアニメがあったのか。
次回はいよいよ種明かし?
あの人達が登場するってことは、今までのは主人公の妄想だった的な展開もあり得る?

・ピングドラム(6話)
りんごさんの過去が分かったり、何かしらの計画進行中がだったり。
つまりはわけわからんということだ。
ペンギンは相変わらず可愛い。

BookLive

ある思惑があって電子書籍の「BookLive」というサイトを利用。
とりあえずの一通りを触ってみた印象。
環境は、PC版のアプリを使用。

○行間・文字サイズ・文字色・背景色を替えられるなど、小説を読む上で必要最低限の要素は押さえてある。
 ・まぁ、パソコンで読む気になるかとは別問題だが。

○漫画は全画面表示にすればギリギリ大丈夫(解像度が縦768、15.6型のノートPC)

△品揃えは言わずもがな。
 ・でも、まさか半村良の「完本 妖星伝」が売ってるとは思わなかった。

△独自規格を使用しているので、今のところPCかスマートフォンなどでしか読めない。
 
△ガガガ文庫の「とある飛空士への追憶 」を購入したが、挿絵が無い?
 ・ガガガ文庫は挿絵なしっぽい。
  その代わり315円と安価だった訳だが。

正直、なんとも微妙な感じ。
個人的にPCで長編小説とか拷問以外の何物でもないと思っているので、せめて電子ブックリーダーに対応くらいはして欲しいもの。

portalクリア

すごく酔ったよ!
ゲームで吐き気まで感じたのは初めて。
いやまぁ、低スペPCで微妙にカクカクだったから、余計に酷かったのかもしれんけど。

ゲーム自体はすごく面白かった。
体験版で序盤は経験済みで、プレイ時間は3時間。

EDが特に好きだな。
「still alive」はゲームをする前から聞いた事があって結構気に入ってたんだが、こんな使われ方&歌詞だったとは。
所々、物騒な単語は混じっていると思ってたが。

あと、地味にゲーム中のBGMも良い。
個人的に、ICOみたいに旋律があるかないかって感じの音楽が好みなんで。

変愚蛮怒

死んだ。
スコアは415030。
BGMパッチ当ててるせいか、スコアは送れなかったけど。

死因は影のジャック。
36階だったし、耐性も揃ってたからって油断してた…。

まぁ、これで試験勉強に集中できるってもんだ。

portalが無料

steamで、portalが期間限定で無料配布中だそうですよ。

約1年ほど待ってた甲斐があった。
セールの時に急いで買わなくて正解だったな。

変愚蛮怒

おっしゃああああ、ガチャピン倒したあああああああ。


うん、知らない人にはギャグのように見えるかもしれんが、マジでガチャピン強かった。
2種類のブレス+ヒドラ召喚とか。
特に変愚蛮怒における召喚は、一瞬で囲まれて死ねる時もあるからキツイ。

という訳で、只今の状況→mon.txt

35階vaultで「★ファラミアのアミュレット」を発見した事によって、指輪枠で破片をカバー出来るようになった。
これでほぼ全部の耐性を揃えれた事になるのかね。
盲目耐性だけ、何故かずっと埋まらない…。

変愚蛮怒

相変わらず変愚蛮怒をプレイ中。
過去の記録が残ってないから正確には分からんけど、多分自己最高記録更新中。
只今の状況→mon.txt

耐性が結構揃ってきたっぽい。
全耐性の防具が全く出なかったので、耐性のアミュレットが出たときは嬉しかった。
強力射のロング・ボウは、ブラックマーケットでひたすら粘った末に購入。
マクロって偉大ですね。

変愚蛮怒

というわけで、引き続き変愚蛮怒をプレイ中。
とは言っても、途中で3回くらい死んでる訳だが。
(適当に弓連打してたらいつの間にか死亡、vaultでの判断ミス、麻痺後に瞬殺)

現在はハイエルフ+アーチャーの手堅い所で挑戦中。
只今のキャラ情報→mon.txt

浅い階でレッドドラゴン・スケイルメイルが出たり、鑑定し放題のアーティファクトが出たりで、なかなか順調。
あと、初めてvaultを攻略して無事生還できたぜ。
ひゃっほう。

雑記

テストが一段落したので、久々の変愚蛮怒をやってた。
猛烈にハマって、気がついたら深夜2時だった。

図書館で借りた「偽物語」を読み切る予定だったのに…。
そういえば、傷物語に続いて偽物語もアニメ化決定らしいね。

ソニーカンファ

うーむ、これはやばそう。
リメイク多すぎなのはまだ許せる。
ただ、ゲーム以外の部分のコミュニティツールとかに時間使い過ぎだろ。
あと、3Gは料金的にも回線的にも地雷。

一番驚いたのは、真かまいたちがロンチだった事。
チュンソフト、vitaに賭けてますなぁ。


とりあえず、しばらくは様子見安定か。
ああ、これでCSゲーへの帰還が遠のいたな。
てか、変愚蛮怒とciv4あたりで一生行ける気がしてきた。

雑記

試験期間真っ只中。

勉強する気になれん…。
特に明日の試験は、「レポートさえ出せば単位はやる」って言われて、モチベーション上げるほうが難しいと思う。

ついでに明後日は、今週の難所。
範囲広すぎて笑える。

任天堂カンファ

任天堂カンファレンスが本気すぎる。
なんで3ds発売当初からこれをやらなかったのだろう。

あと、何年間開発してたのか知らんが、星のカービィWiiはやっと発売するのな。


明日のソニーの発表も期待してる。

forestプレイ中

7章クリア
…と思いきや、バッドエンド…だと…。

しかも、コンティニューで4章まで戻されるとか。
4章~で、未回収のフラグがあったってことなのか?
もしそうだとしたら、なんちゅうフラグの広さだ。
こういうのは傘びらき丸で終わりじゃ無かったのかよおおおおお。

今週のアニメ

ツインエンジェルを切る。
まぁ、なんだかんだでネンマリ気味ですし。
NO6も切る切る。
1回録り逃したので、なんとなく見る気なくした。
あと、見てないけど、うさぎドロップはしっかり撮り溜め中。

・日常(23話)
まぁそこそこ悪くない。
ギャグ的な意味では不作だったが、全体的に可愛かった。

・シュタインズゲート(22話)
あのタイミングでいきなりあのCMは酷いと思う(ニコニコ)。
助手の眼が所々無駄にキラキラし過ぎて吹く。
まぁ、考えてみればアニメ序盤ののっぺり顔を思い出せば、可愛くなったものだ。

うーん、やはり原作より駆け足気味なのが気になる。
今回は、あまり動きがない回だからこそ、間に余裕が無いのがはっきりしちゃうのかね。

・シュタインズゲート(23話)
ここら辺は原作が名作と言われるだけあって、最高ですね。
「最初のお前を騙せ、世界を騙せ」は名言というか、上手いこと言うよなぁと思う。

「あの人」はドラマCDで色々と事情は解明するんだが、それでもやっぱり糞っすなぁ。

・ゆるゆり(9話)
キャラ的にも、コメディ的にも安定して面白い。
ちょっとオチが意外。
新キャラがどんどん出てくる。

・ロウきゅーぶ(8話)
まあ、まんまスポコン+ロリですね。
それぞれの要素は単体でも平気なのに、その2つが混ざるとなんとも言えない嫌な口当たりになるのはなんなんだろう。
幼なじみはいい人だなーと思う。

・花咲くいろは(22話)
相変わらずみんち大暴れ。
緒花の思考は時々よく分からなくなる。
次回は幸ちゃん回?らしいが、彼が活躍する姿が思い浮かべられない。

・ミルキィ(スペシャル)
所々、本気クオリティ。
相変わらず、髪ほどきシャロは可愛すぎるな。

ストーリーは、スペシャルだから随分おとなしめだなぁと思ってたら、某帰ってきた狸のパロに吹いた。
いやー、やっぱり良いなミルキィ。
2期が楽しみだ。

・アイドルマスター(6話)
1話ではキャラが多すぎてどうなることかと思ったけど、意外とどうにかなるもので。
プロデューサー、スーパー空回り回。
毎回、騒動を起こしつつも上手くまとめるもんだ。
アニメ的なクオリティがかなり高い気がする。

・BLOOD-C(8話)
守る守る言っておきながら、小夜さんの防御率の低さは異常。

中身の無い大虐殺展開もいい加減ネンマリ気味ですよ。
主人公の謎も、いい加減に引っ張りすぎ。
もう少し、新展開が欲しいと思う今日この頃。

・輪るピングドラム(2-5話)
撮り溜めてた分を見る。
テレビは見る時間を取るのが難しいので、6話からはニコニコ配信で見るつもり。
視聴期限があるから、長期間ほったらかしを防げるし。

生存戦略うううううううううアニメだった。
ペンギンが可愛いですね。
未来日記的な不思議アイテムは出てきたけど、物凄く効果が怪しい。
結局、ピングドラムって何なんだろう。

そういうえば、パッと見の感じで「ピンクドラム」だと思ってた、すまぬ。

forestプレイ中

まともにやったら恐ろしい難易度だった6章をクリア。
なんだあの選択肢の数は。
まぁ、色々なものに耳を傾ければ、道は自ずと決まっていった訳ですが。

ストーリー的には相変わらず謎だらけ。
たとえエンディングまで行ったとしても、理解できる気がしない。

キャラ的には、リープチープが良いなぁ。
元ネタのナルニアを読んでみたくなった。
でも、岩波少年文庫はちょっとねえ。
指輪物語的な感じで、非児童向けの文庫バージョンがあれば買うんだが。

forestプレイ中

~5章までプレイ。
相変わらず、訳わからん面白い。

毎回、シナリオの趣向が異なる気がする。
特に4章は、ボイスの使い方が前章にもまして革新的。
セリフに節がついたような音楽的な感じで、聞いてて小気味良い。

物語はなんとなく繋がってきた気もするけど、全体像は未だ見えず。

forestプレイ中

DLsiteのキャンペーンポイントが入ったので、forestを購入。
ライアーソフト製のアダルトゲーム
18禁だけど、少なくともエロゲーでは無いな、コレ。

困惑。
~3章あたりまで進めたが、ここまでよく分からんゲームは初めてだ。
「最果てのイマ」の比じゃねえ。

あと、ボイス演出がとても斬新。

何かしら惹かれる物はあるので、じっくりプレイしていこうかな。
カレンダー
08 | 2011/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

蒼々

Author:蒼々
地方独立系SIに就職しての4年目になりました。
いつの間にか開発の人から運用の人になってしまった。
正直、自分に合っている役割とは思えず、ストレスと残業時間ばかりが増える今日この頃。


趣味は読書、ゲーム、あと名目上の趣味としてランニング。

継続的なブログ更新は恐らく再開しないとは思うが、
今、このプロフィールを更新しようと思う気になっているので、ごく稀に更新はあるかもねえ。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
アーカイブ
アクセスの多い記事
検索フォーム
ツイッター
読書メーター グラフ版
蒼々さんの読書メーター
読書メーター 最近読んだ本版
蒼々の最近読んだ本
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。